日本大学芸術学部映画学科

映表理3年〈映像専攻〉の研究レポートの口頭発表が先週末に2日間に渡って行われました。

卒業研究と同様に、この研究レポートは創作作品と関係のあるものとし、参考作品や創作のために調査・分析であるために創作作品の制作に入る前に、第1稿を完成させます。
この研究レポートは、卒業研究の副論文より少し短めで12000字程度になっています。

口頭発表時点(第一稿)でのタイトルは以下のようなものでした。

「メタモルフォーゼ 〜崩壊の美〜 」
「創作思考から見るポイントライトウォーカーにおけるヒトの動作とそれに付随する感情表現」
「ファッション業界の映像制作について 〜服と映像の関連性〜」
「三次元から落とし込まれる煙」
「アニメーションの”動く”こと」
「想田和弘の観察映画について」
「食・農業ドキュメンタリー構成について」
「飯村隆彦における〈見る/見られる〉構造」
「アートにおけるマイノリティーの表現と限界芸術」
「カサヴェテスにおける人格崩壊を見る」
「プロパガンダ映画とパロディ映画の関連」
「吉田大八作品における現実世界と空想・妄想世界の境目」
「精神障害を撮る カメラはどう向き合っているか」
「宮藤官九郎作品にみる若者像と演出 〜『木更津キャッツアイ』を中心に〜」
「粘土はアニメーションの表現の幅をどう広げるか」
「劇映画における実験的試みについて」
「ジャンルの融合 〜アクション・コメディ映画の可能性〜」
「ファンタジー映画における『現実』と『非現実性』」
「ブラックユーモア 〜セス・マクファーレンの日本語化〜」
「『ひなぎく』は女の子映画なのか
「個人映画の分析 〜スタン・ブラッケイジより〜」
「ビル・ヴィオラ論 〜瞬間の拡大〜」
「リドリー・スコットの決闘」

映表理 映像専攻、約25名と指導教員が参加します。視聴覚用の教室を使用しているので、かなり広く感じます。

映表理 映像専攻、約25名と指導教員が参加します。視聴覚用の教室を使用しているので、かなり広く感じます。

学生はそれぞれ工夫しながら作成したスライドを使ってプレゼンテーションをします。

学生はそれぞれ工夫しながら作成したスライドを使ってプレゼンテーションをします。

IMG_0575

「創作思考から見るポイントライトウォーカーにおけるヒトの動作とそれに付随する感情表現」

内容に沿った実験からのデータを使って、検証しています。

内容に沿った実験からのデータを使って、検証しています。

2016/07/07

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top