日本大学芸術学部映画学科

今年度の授業も今週が最後で、試験期間に入ります。

映像表現・理論コースでは、1年生は2年生からの専攻分け、2、3年は審査や課題の作品の直し、ゼミ誌用のシナリオ、論文の推敲、4年生は、今週、来週と、卒業論文、卒業制作(シナリオ)の口頭試問、卒業研究の審査などが行われます。

1年生は、2年生となる4月からの専攻分けが行われました。
今年は、
理論・批評専攻 13名
シナリオ専攻  20名
映像専攻                 26名 で
第1希望通りの専攻分けとなりました。

また、4年生では今週、卒業論文の口頭試問が行われますが、4年生がどのような卒業論文を書いているのか、現在のテーマを紹介します。

「細田守論」
「エドワード・ヤン 台湾ニューシネマの明暗」
「木下恵介論-その演出から見る世界-」
「忘れ去られた楽士たち-活動写真館が日本の西洋音楽普及に果たした役割-」
「映画批評家としての佐藤忠男論」
「フリッツ・ラング 作品を彩るペシミズムについて」
「ジョン・カサヴェテス論 低予算から生み出される作家性」「サミュエル・フラー論 B 級映画を超えて」
「ジャン・ヴィゴ 魂の光芒」
「岡本喜八論~その作品に見る西部劇調の演出~」
「フランソワ・トリュフォーとジャン=ピエール・レオ~〈アントワーヌ・ドワネルの冒険〉を巡って~」
「豊田四郎監督論-文芸映画の枠を越えて」
「カール・テオドア・ドライヤー再考 -新・聖なる映画論-」「エリッヒ・フォン・シュトロハイム論」
「島津保次郎論 -音楽に懸けた情熱『上陸第一歩』から『私の鶯』まで-」
「イングマール・ベルイマン論 -女性像の変遷と「神」の存在との関連性-」
「大島映画における韓国の表象 -日本と韓国の評価を巡って-」
「ジャン・ルーシュ論 現実と虚構の果て」

映像表現・理論コース1年、専攻分け後のガイダンスの様子

映像表現・理論コース1年、専攻分け後のガイダンスの様子

2016/01/26

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top