日本大学芸術学部映画学科

前回、B班の撮影風景とシナリオを掲載しましたが、今回はA班を載せます。
両班とも昨日、撮影が終了しました。
暑い中、学生たちはヘトヘトになりながら頑張っていました。

A3

A4

「友情ポイント」
                 
登場人物
・野々宮 渡(20)
  友情ポイントを集めるため、周りの人間に愛想をよくする。
  少し考えすぎるところがあり、表にはださないが、感情の起伏が激しい。
・岩崎 誠(20)
  渡の親友。だが実は渡は彼のことをよく思っていない。
  一見人がよさそうだが・・・
・委員A
・ 委員B
・ 学生A
・荷物を抱えた女性
・その他

1 教室棟、事務棟の間の通路
  通路を歩く渡。
  すれ違う人たちに次々と笑顔で挨拶をする。
  渡のスマホには友情ポイントが表示されている(友情カウンター)。テロップ。
  表示された桁が「8500」から「8505」、「8510」と挨拶するたびに増えていく。
渡M「俺は挨拶がキライだ」
  すれ違った人と肩がぶつかり、相手のノートが廊下に落ちる。
  渡、拾い上げ、笑顔で相手にノートを渡す。
  友情カウンターのテロップ、「8520」に増える。
渡M「俺は親切がキライだ」
  突然、渡の肩を誰かが叩く。
  渡、振り返る。
誠 「よぅ」
渡 「おぉ、まこっちゃん」
渡M「俺はコイツがキライだ」
誠 「じゃ、あとでな」
  渡、手を挙げ答える。
  カウンター「8530」に増える。
  まっすぐ前を向き、また歩みだす渡。
渡M「俺がこんなことを続けている理由は、ただひとつ」

2 タイトル
  『友情ポイント』

3 教室棟ロビー
  昼休み、席に座っている渡、スマホをみて溜息。
  友情カウンターのテロップ、「8530」と書かれている。
渡 「あと、少し」
誠 「よっ、暇してる?」
  突然現れた誠に驚く渡。
渡 「よ、よう」
  渡の隣に座る誠。
渡 「次の友情ポイントの有効期限っていつだっけ?」
誠 「あしたじゃなかった?渡、だいぶポイント貯まってるだろ」
  動揺する渡。
渡 「そ、そんなことないよ」
誠 「そうか?」
渡 「じゃ、急いでるから、ごめん」
渡M「やっぱコイツといると調子が狂う」
  そそくさと立ち上がり、ロビーをあとにする渡。
  それを無言で見つめる誠。

4 テレビスタジオ棟前
  「みんな友達(ファミリー)」と書かれた旗を振る友情ポイント委員A。
  机が出され、「友情ポイント委員」と書かれた腕章をつけた委員Bが座っている。
  その横には「友情ポイント交換所」の看板がたっており、数人が並んでいる。
委員A「『友情ポイント制度』は、みなさん大学生がより良い人間関係、友情を育むために発足しました。この制度で、『みんなが友達(ファミリー)』になることを目指しましょう」
渡M「相変わらず気色悪いスローガンだな、賛同する奴なんているかよ」
  渡、立ち止まり、机の上の札を見つめる。
  そこには「5000pt 食堂食券半年分」「8000pt ノートパソコン」などが書いてある。
委員B「はい、期限はあとすこしですよ!」
  渡、一際目立つ「10000pt」の札を凝視する。
  そこには「1年間学費免除 先着2名!」の文字が。
渡 「―(舌打ち)」

5 教室棟ロビー
  ロビーの椅子に腰かけ、辺りを観察する渡。
渡M「誰か、誰か―」
  すると目の前に荷物を大量に抱えた女性が現れる。
  ふらふらとした足取りで歩いていく。
渡M「おぉ、大チャンス!」
  女性を凝視する渡。
渡M「転べ、転べ―!」
  渡、祈るように念じている。
  女性、祈りに呼応したかのようにバランスを崩し、倒れる。
  それと共に床に荷物が散らばる。
渡M「きたぁ!」
  渡、勢いよく立ち上がり助けようとする。
  だが、他人に先を越されてしまう。
  次々と集まる人々、女性の荷物を拾っていく。
渡M「おいおいまてまて!」
  渡、どうしていいか分からず、ステップを踏むようなおかしな動きをしてしまう。
  そのうち、女性を助けた学生Aのポイントが、一万に到達する。
  学生Aのスマホから一万到達のファンファーレが流れる。
  喜び立ち去る学生A。
渡M「―ヤバいぞ、このままじゃ、学費免除が!」
誠 「だいぶ焦ってるな」
渡 「えっ!?」
  突然現れた誠に驚く渡。
  平静を装う。
渡 「あ、あぁ、あの子?焦ってたねー。課題締切近いのかな」
誠 「お前だよ」
渡 「なっ、なんでだよ」
  すると、ニッと笑う誠。
誠 「隠すことないだろう。ポイント、足りないんだろ。いくらだ?」
  渡、戸惑うがボソッとつぶやく。
渡 「―1500」
  誠、軽く頷き、渡の肩に手をのせる。
誠 「よし、俺のポイント、やるよ」

6 教室
  渡と誠の二人以外、誰もいない。
  二人は一つの机を挟み、向かい合って座っている。
誠 「―なるほど、学費免除してもらえないと、大学にもう通えないのか」
  誠の顔を見つめる渡。
渡M「何企んでる、コイツ」
誠 「そんなにみつめんなよ、気色悪い」
  苦笑する誠。
渡 「でも、ホントにいいのか?」
誠 「あぁ。そんな一大事、見逃せねぇよ」
  ふぅーっと息を吐く渡。
渡M「信用していいのか?とりあえず―」
渡 「―ありがとう」
誠 「きにすんな。俺たち、親友だろ?」
渡 「あぁ、そだな」
  はははっと笑いあうふたり。
渡 「じゃ、貰うぞ?いいな」
誠 「おう」
  渡、恐る恐る誠のスマホと通信する。
  カウンターテロップ。
  ポイントが渡のカウンターに移動する。
  渡のカウンター「8530」から「10030」に増え、誠のカウンター「6500」から「5000」に減少する。
誠 「ふぅ。これで一安心。なんか喉渇いたわ。」
  席から立つ誠。
誠 「飲み物買ってくる」
渡 「おう」
  教室をでる誠。
  を見つめ、茫然とする渡。
渡M「―なんともない、大丈夫なのか?」
  すると、渡の後ろの扉がすぅっと開く。
  そこから勢いよく誠が現れ、バットで渡に殴りかかる。
  寸でのところでかわす渡。
誠 「チッ、油断していると思ったんだけど、ホント、疑り深いやつ」
  さらに襲いかかる誠。
  渡、攻撃をかわし、反撃のタックル。
  倒れた誠の上にのしかかる。
  激しくにらみ合う二人。
渡 「やっぱり、俺のポイント目当てだったのか!」
誠 「決まってんだろ。じゃなきゃ、お前なんかとつるむか。きっと他のみんなもそうさ。まぁ、お互い様だろ?」
  笑う渡。
渡 「そうだな、じゃぁ、遠慮なく!」
  一発誠を殴る渡。
  フェードアウト、ポイント強奪の音が鳴り響く。

7 テレビスタジオ棟前
  スマホをみて、笑う渡。
渡 「これで、遂に!」
  交換所へ向かう。
  渡、交換所に到着、10000ptの札を指さす。
渡 「学費免除を」
委員B「野々宮渡さん、ですね」
渡 「はい」
委員B「―ポイント強奪のため、すべて無効とさせていただきます」
  驚く渡。
渡 「ど、どうして!?」
  後ろの陰で誠が渡を見つめている。
誠 「ひっかかった」
  不気味に笑う誠。

8 教室(誠の回想)
  渡にポイントを盗られたあと、誰もいなくなった教室で、横たわりながら携帯を取り出す誠。
誠 「―もしもし、ポイント委員さん?」

9 再びテレビスタジオ棟前
誠M「自己犠牲という最高の親切をした結果、俺は一万ポイントまで到達した。だが、俺の本当の目的は―」
  誠、委員のスローガンをしばらく眺め、立ち去る。
誠 「アイツを、消すこと」
  渡のカウンターテロップ。
渡 「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
  数字が見る見るうちに減っていき―「0」。
                       [終]

2014/05/31

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top