日本大学芸術学部映画学科

映像・表現理論コースの『映画ビジネス』の3年生の受講生が中心になって行う、「現役日藝生企画により映画祭」の今年のテーマ、および、日程が決まりました。今回で4回目になります。

テーマ:「働くということについて考える」 21世紀になって、労働環境は大きく変わりました。派遣やバイトが増え、今では会社員になることは何も保証しません。大学3年生たちが、これから始まる「就活」を前に、映画を通して働くことについて今一度考え直す映画祭です。

主催:日本大学芸術学部映画学科(映像表現・理論コース・映画ビジネスゼミ)、ユーロスペース

時期:12月13日(土)~19日(金)

会場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5)

現在、上映作品の交渉中です。

写真

写真はチラシやポスターのデザイナーを選ぶ話し合い中の学生たちです。

尚、今までにはこのような映画祭を開催しました。
映画祭1968     


[記事詳細はこちら]
2014/08/11

 前回と同様、インターンシップ・レポート no.2です。
 紹介するのは、前回同様「松竹株式会社映画宣伝部」でインターンシップを行なった村本さんです。いろいろ、授業では学べないことを経験してきたようです。ぜひ、読んでみてください。


インターンシップ・レポート
村本優菜

 私がお邪魔させていただいたのは、松竹の映画宣伝部。パブリシティーを主に担当する部署です。関わらせていただいた作品は『超高速!参勤交代』『好きっていいなよ。』『ホットロード』『日々ロック』主にこの4本でした。
 とくに『超高速!参勤交代』は、インターン20日中、半分以上を費やしたので思い入れが深いです。公開記念イベントとして、各都道府県からゆるきゃら達を一同に東京へ参勤交代させるという企画では、電話での出演交渉にあたらせてもらいました。さらに同作品は、映画に少しでも関連する施設を調べあげリストアップ。ポスターやチラシをおかせてもらえるよう、電話交渉にもあたり、発送作業を行いました。他にも、ステッカー作りや、座席表作り。出演者インタビューの同行、その取材のテープ起こしと、様々な仕事をふっていただき、勉強させてもらいました。地道な作業が多かったのですが、公開してみると予想より興行収入が伸び、とてもやりがいを感じることが出来ました。
 『好きっていいなよ。』は、実際に使われた衣装の検品、試写会へ向けたチラシのアッセンブリー。雑誌での露出チェック、新聞での露出チェック。『ホットロード』では、タイアップ店への予告編発送作業。『日々ロック』では、オピニオンコメントのリストアップ。などなど関わらせていただいた仕事はさまざま。
村本
 仕事の内容はもちろん面白かったのですが、何より、松竹に来てよかったと思えたのは、会社内の温かい雰囲気でした。働いている方々がみんないきいきとしていて、イベントや試写の前になると、まるで学祭の前日のような雰囲気で楽しかったです。とても親切に色々教えていただき、時にはご飯を食べながら就職の相談にものってくれ、松竹に来られて本当に良い経験になったと思います。また、一緒に仕事をさせてもらいたい、そう思えました。


[記事詳細はこちら]
2014/08/06

 以前このブログで、映像表現・理論コースの「映画ビジネスⅢ」では各映画会社などでインターンシップを行い、今年度のインターンシップが始まったことをお知らせしましたが、インターンシップが終了した学生から、その様子、感想などが届いています。
 今回紹介するのは、「松竹株式会社映画宣伝部」でインターンシップを行なった雫石くんです。
 初めてのことで戸惑うことも多かったようですが、一生懸命がんばっていることが伺えます。


インターンシップ・レポート
雫石 海

 私は、松竹株式会社の宣伝部でインターンシップをやらせていただきました。漠然と映画会社ってどんな感じ?という思いをもっていましたが、振り返れると日芸だからこそ実現したインターンシップであり、この大学に入れて良かったと素直に思える体験となりました。
 宣伝部は何をするところなのか、机の上で勉強するだけでは分からない宣伝の世界がそこにはありました。最初に驚いたことは映画という華やかそうに見える世界でも普通のオフィスであるということです。ただ、イベントの企画等で一歩踏み入れると表舞台である仕事もありギャップとともに妙な面白さを感じました。日々の仕事は、アポイントをとったりデスクワークだったりするのですが、舞台挨拶の段取りなども決め役者や、監督とも会い打ち合わせをするのが宣伝部の仕事の1つであり、その表と裏、両方を知ることができるところが宣伝部の魅力の1つに感じました。主に『超高速!参勤交代』という映画に携わっていたのですが、この作品が時代劇ながらも大ヒットを記録し、業界でも話題となりました。まさに、宣伝が見事に成功した作品だと感じます。このような作品の宣伝チームの仕事を間近に感じえたことは非常に貴重な体験であり、同時に考え方なども大変勉強になりました。
雫石
 映画という枠組みに関わらず一人の社会人としてのマナーや仕事に対する大変さを知ることもできたことも有意義な体験でした。仕事はきついほど地味なものが多いですが、その一方、その仕事が大舞台に繋がる達成感といった楽しさも感じました。
 面白さやギャップを感じたり、仕事ということを見て聞いたり多くの感情を揺さぶられるインターンシップでした。百聞は一見に如かず、という言葉がありますがまさにその通りだと思います。映画という仕事のイメージの広がりもありますが、それ以前に今回の経験を生かして“何事も体験する”、そういう心意気で将来を考えていこうと思います。


[記事詳細はこちら]
2014/08/02

「映像表現・理論Ⅲ」の映像専攻の第1課題の、研究論文の発表が行われました。第2課題の研究作品の創作を踏まえ、学生それぞれが創作の関連で研究テーマを決め、15000字程度で研究論文を執筆します。
写真は、その研究論文の内容を発表するというものです。一人約10分の持ち時間で発表し、その後、先生方から質問や感想を受けるというものです。

ronbunhappyo_001

ronbunhappyo_003

 


[記事詳細はこちら]
2014/07/29

映表理Ⅰの映像制作課題1の撮影が終わり編集の授業に入りました。
入学する前にPCで編集ソフトをいじったことのある学生もいるようでしたが、ほとんどが初めて扱う学生たちばかり。
ちょっと心配でしたが、最初に編集作業をしたグループは、提出期限に全員間に合ったようです。

写真

 


[記事詳細はこちら]
2014/06/05

授業関係INDEX

年月別アーカイブ

Page Top