日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

映画制作の根幹となる映像と音響の技術を習得するために、「撮影」「録音」の領域から実践的なカリキュラムを構成しています。1年次より、フィルム、デジタルの両面から各種の機材を用いた実習を中心として、表現技術のあり方を追究していきます。さらに、原理となる自然科学の知識を得て、より深い技術的教養を育みます。2年次以降は、「監督」「演技」コースとの共同作業を行い、照明技術や特殊撮影、仕上げ作業に至るまで幅広く実践力を培います。3年次からは適性や志望分野に専攻を絞り、作品制作や研究活動を継続していきます。

授業の様子を紹介します。
この授業は二年次に監督コースと演技コースと合同で行います。
初めての照明を意識した実習で、学生たちは映画にとって照明がいかに大切かを学びます。

撮影実習


[記事詳細はこちら]
2016/12/08

撮影・録音コースINDEX

  • カテゴリーなし

年月別アーカイブ

Page Top