日本大学芸術学部映画学科

ニュース

日本大学芸術学部映画学科からのニュース一覧です。

この度の新型コロナウィルス感染症によるガイダンスや授業開始の更なる延期において不安な思いの中、生活されていることと思います。       特に、卒業制作や実習が今後どのような授業展開になるのかについて、疑問や不安が募るばかりであると思います。

現在、皆さんにお願いしたいのは、とにかく不要不急の外出はしないことです。なんのために学校も対面授業を中止して、ネットでのガイダンスや授業に取り組もうとしているかを慎重に考えてみてください。今を乗り切ることが何よりも大事な局面なのです。この局面を乗り越えてこその映画製作です。

皆さんもNHKの大河ドラマや朝の連続テレビ小説の収録が中断しているという状況をご存知でしょう。そのほか、映画、ドラマの制作現場の多くが今中断しています。これが世の中の現状です。

今、皆さんが考え、行うべきことはこれまでに学んだことを復習し、十分に身につけておくことで今後の活動に対応するようにすることです。

ロケハンやシナハンなどの無理な活動は決して行わないように強く忠告しておきます。

このような状況の中でもできることを皆さん一人ひとりがしっかりと考えてください。あなたたちはもう大人なのですから、十分に責任を持った行動を期待します。

 

元気なままで、20日以降のガイダンスを迎えられるように。

 

令和2年4月10日

映画学科

監督、撮影・録音、演技コース

専任教員一同

2020/04/10

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

新入生の皆さんに対して私が、今一番心配しているのは、学校の仲間を作ることができないことです。                       地方から出てきていて一人暮らしをされている方は、尚更、孤独な立場にいらっしゃるかもしれません。学校にも行けず、バイトもできず、友人作りもできず、映画館に出かけることもできない。                                                  どれもこれも本当に辛いことばかりです。不安も多くあるでしょう。

しかし、すでに日本大学芸術学部映画学科の教職員はみなさんとともにいますし、ガイダンス、授業開始に向けて準備をしており、1日も早く皆さんと会えることを楽しみにしています。新入生、在校生約600名の映画学科の学生は全て映画学科の一員なのです。決して、誰も一人ではありません。誰も一人にはさせません。気分は一人でも繫がりは必ずあることを認識していてください。そして、家にいてください。残念ですが、外出して身を危険に晒さないでください。決して自暴自棄にならないでください。止まない雨はありません。

環境が整っているなら、テレビやスマホなどで劇映画やテレビドラマ、ドキュメンタリーなどを観てください。読書をしましょう。ニュースや新聞を見て、自分の考え方、物の見方を認識しましょう。こんな時だからこそ自分ができること、やるべきことを見いだしてください。

20日以降にはガイダンスが始まります。顔を合わせることができなくても、大学生になった実感が湧くことでしょう。私も楽しみにしていますし、皆さんも楽しみにしていてください。

 

食事と睡眠を十分に、健康管理に努めてください。

 

令和2年4月10日

日本大学芸術学部映画学科主任

齊 藤 裕 人

2020/04/10

映画学科在校生の皆様へ

この度の新型コロナウィルス感染症によるガイダンスや授業開始の延期に不安な中に生活されていることだと思います。また、4年生の皆様に関しては、就職活動もままらないなことも重なっており、より不安な思いの中にあることと思います。
昨日、芸術学部ホームページで発表された学部長のメッセージにもありますように、現在、学部、学科ともに教職員一丸となって、今年度皆さんが安心して学業に励むことができるよう準備をしております。
今後の情勢によっては旧来通りの授業展開ができないことも考えられますが、映画学科として、そのような中でも従来と変わらない成果が得られるようなプランを、各コースともに何段階にもわたって検討しておりますので安心してください。
今の段階では、皆さんには、これまでに学習してきたことを十分に復習していただくとともに、今後の課題に対して、今、自分ができることをしっかりと確認していただきたいと思います。
現在は、学部ホームページに記載されている予定で、ガイダンス、授業ともに開始する予定にしていますが、政府、東京とともに、日々、情報の変化が考えられますので、学部ホームページや学科特別サイトを確認してください。
それでは、ガイダンスの日に元気な姿で皆さんに会えることを楽しみにしています。
また、留学生の皆さんの中で、帰国し、日本に戻ってこれない方もいらっしゃることでしょうが、そのような皆さんに対してもできる限りの対応を考えておりますので安心してください。
今は、今後の皆さんの状況が良くなるためにも、一人一人が強い自覚の元、不要不急の外出は控え、きたる授業開始に向けて、十分な準備を続けてください。

令和2年4月2日
映画学科主任 齊藤裕人

2020/04/02

新型コロナウイルス感染症の世界的な猛威とその影響によって、芸術学部も行事や式典等を中止するという事態になっています。
ガイダンスは4月13日(月)から、また授業は4月27日(月)から開始を予定しています。
ガイダンス日程等の詳細については、芸術学部のHPをご確認ください。

芸術学部・大学院芸術学研究科における新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応について(2020年3月26日更新)(芸術学部HP)

※本対応は、あくまで現時点のものです。状況に応じて変更する場合がありますので、各自で最新情報をご確認ください。

2020/03/26

3月16日(月)に「芸術学部・大学院芸術学研究科における新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応について」(学部HP)が更新されました。
下記、海外渡航についての対応をご確認ください。

  1. 3月25日(水)開催の学位記授与式出席予定学生のうち,海外渡航した者については帰国した日から14日間は入校できませんので,3月11日(水)までに帰国できなかった学生は出席をご遠慮ください。
  2. また、在学生についても同様に海外渡航した者については帰国した日から14日間は入校できませんので,帰国日によって今後予定されている健康診断やガイダンスへの出席が可能かどうかの判断をしてください。

なお、卒業式に出席できない学生、健康診断やガイダンスに出席できない学生は学科までご連絡ください。

2020/03/17

令和2年3月15日から20日に開催予定であった文化庁と日本大学が主催する文化庁委託事業「2019年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 『大学連携による映画人育成のための上映会 S.T.E.P.』」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止の運びとなりましたのでお知らせいたします。

2020/03/05

このたびの新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、芸術学部では、学生・教職員の安全確保、並びに感染拡大防止の観点から、「日藝の卒博」を始めとしたイベント等の中止が決定されました。
詳細は、以下のリンクをご参照ください。

芸術学部における新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応について(芸術学部HP)

2020/02/27

前年度の映画学科実習作品が下記コンペティションで受賞しましたので、お知らせします。

 

『愚か者、HINAのためのセレナーデ』(平成30年度映画演出Ⅲ・映画技術Ⅲ)
愚か者、HINAのためのセレナーデ

愚か者、HINAのためのセレナーデ

第14回 札幌国際短編映画祭
最優秀国内作品賞、最優秀女優賞
詳細:https://sapporoshortfest.jp/19/awards/index.html(映画祭HP)

 

『凪にたゆたう其れと、渚で二人。』(平成30年度卒業研究)
凪にたゆたう其れと、渚で二人。

凪にたゆたう其れと、渚で二人。

International Students Creative Award 2019
<国内コンテンツ部門>佳作
詳細:https://kc-i.jp/activity/award/isca/2019/nominate/(アワードHP)

 

『他人の町』(平成30年度映像表現・理論Ⅲ)
他人の町

他人の町

第25回 学生CGコンテスト
<エンターテインメント部門>審査員賞
詳細:https://archive.campusgenius.jp/2019/entertainment/(コンテストHP)

2020/02/18

今年で9回目となる、学生企画・運営による映画祭を開催します。
今回のテーマは「スポーツの光と影」。
本映画祭は、映画学科の授業「映画ビジネス」の一環として開催するもので、テーマの選定、上映作品の交渉、宣伝など全てを学生の手によって行っています。
是非、足をお運びください。

▼本映画祭の様子は、新聞にも取り上げられました▼

朝日新聞DIGITAL「日大映画祭の決意「タックル問題から目を背けない」」(11/21)
https://digital.asahi.com/articles/ASMCM3V5CMCMUTQP00K.html

毎日新聞「悪質タックルから1年半 日大学生が映画祭「スポーツの光と影」開催へ」(12/2)
https://mainichi.jp/articles/20191202/k00/00m/050/108000c

東京新聞「日大芸術学部生 企画の映画祭 「スポーツの光と影」17本 あすから渋谷で上映」(12/12更新)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201912/CK2019121202000127.html

映画祭「スポーツの光と影」チラシ

映画祭「スポーツの光と影」チラシ

映画祭「スポーツの光と影」

主催 : 日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース3年映画ビジネスゼミ/ユーロスペース

開催日 : 2019年12月13日(金)~12月19日(木)

会場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5)
http://www.eurospace.co.jp/

前売券 1回券(一般・学生ともに)900円 3回券(一般・学生ともに)2,100円
当日券 1回券(一般)1,300円、(学生)1,100円 3回券2,850円

※各回入れ替え制・全席指定席
※開場はそれぞれ上映開始10〜15分前です
※前売り券はユーロスペースにて、ご購入いただけます

上映作品、時間などについての詳細は、下記よりご確認ください。

ホームページ http://nichigei-eigasai.com/
ツイッター @nua_eigasai2019
フェイスブック @nichigei_eigasai

映画祭「スポーツの光と影」予告編

2019/11/29

日大アメフト問題をきっかけに、日大生たちのスポーツに対するそれぞれの思いを熱く語るシンポジウムの開催が決定しました。
テーマは「スポーツと映画と社会」。

今年で9回目となる、芸術学部映画学科 映画ビジネスゼミ主催、映画祭『スポーツの光と影』の開催記念イベントです。
映画祭は、12月13日〜19日に渋谷ユーロスペースにて開催します。
詳細は、公式ホームページ(http://nichigei-eigasai.com)をご覧ください。

学部を超えて、映画祭メンバーとスポーツ科学部の学生が登壇し、映画を通して議論を交わします。
日本大学の学生はどなたでも参加できます。
奮ってご参加ください。

シンポジウム「スポーツと映画と社会」

シンポジウム「スポーツと映画と社会」

1 日時:令和元年11月15日(金)16:30〜
2 場所:日本大学スポーツ科学部三軒茶屋キャンパス1502教室
3 事前申し込み不要・入場無料
※但し、日本大学の学生のみ参加可能
4 開催概要
【登壇】(予定)
映画祭学生3名、スポーツ科学部学生3名、種ケ嶋尚志准教授

【司会】
古賀太(日本大学芸術学部映画学科教授・映画祭企画指導)

※当日はマスコミの取材も入る予定です。

2019/11/13
Page Top