日本大学芸術学部映画学科

ニュース

日本大学芸術学部映画学科からのニュース一覧です。

日藝のHP内の映画学科紹介ページが更新されました。

https://www.art.nihon-u.ac.jp/education/department/cinema/

【受賞作一覧】

【教員一覧】

本サイト(映画学科HP)の教員紹介ページも更新しています。

トップページの上部の【教職員】のボタンをクリックすると飛べるので、ぜひご覧ください。

 

2022/05/07

新入生歓迎式が行われました。

天候にも恵まれ、日藝らしい歓迎式になりました。

まだまだ感染症対策は必要ですが

開催できて良かったです。

これからよろしくお願いします。

2022/04/12

3月13日(日)〜20日(日)に開催される「日藝の卒博」における監督/撮影・録音/演技コースの上映企画をお知らせします。
対面イベントへの参加は、芸術学部HPの特設ページ(https://www.art.nihon-u.ac.jp/about/sotsuhaku/)より、事前予約が必要です。
予約受付は3月7日(月)17:00 からです。

 

プログラム上映

日時:3月18日(金)〜20日(日)11:00〜17:30
場所:江古田校舎 東棟地下1階 EB-2教室

監督、撮影・録音、演技コースの卒業制作を上映します。
1枠につき約5作品上映です。

2021年度卒業制作上映会ポスター

2021年度卒業制作上映会ポスター

卒業制作上映スケジュール(3/18)

卒業制作上映スケジュール(3/19)

卒業制作上映スケジュール(3/20)

卒業制作プログラム上映スケジュール(PDFファイル)

最新情報は、下記の学生広報アカウントにて随時お知らせしています。

Twitter @sotsuhaku_2022
Instagram @sotsuhaku_2022

2022/03/06

3月13日(日)〜20日(日)に開催される「日藝の卒博」における映像表現・理論コースの上映・イベント企画をお知らせします。
対面イベントへの参加は、芸術学部HPの特設ページ(https://www.art.nihon-u.ac.jp/about/sotsuhaku/)より、事前予約が必要です。
予約受付は3月7日(月)17:00 からです。

映表理の卒博メインビジュアル1

映表理の卒博メインビジュアル1

 

伊澤彩織さんトークショー
(映像表現・理論コース オープニングイベント)

日時:3月13日(日)11:00〜12:00
場所:江古田校舎 東棟地下1階 EB-1教室
YouTube Liveでの同時配信あり(3/20 公開は終了しました)

スタントパフォーマーとして活躍している卒業生の伊澤彩織さんを招き、伊澤さんの卒業研究作品の上映と、在校生とのトークを行います。

伊澤彩織さんトークショーポスター

伊澤彩織さんトークショー

 

映表理の卒博2021リターンズ

日時:3月13日(日)13:00〜17:30
場所:江古田校舎 東棟地下1階 EB-2教室

昨年度の卒業研究作品を2プログラムに分けて上映します。

映表理の卒博2021リターンズ(表面)

映表理の卒博2021リターンズ(表面)

映表理の卒博2021リターンズ(裏面)

映表理の卒博2021リターンズ(裏面)

 

プログラム上映

日時:3月19日(土)、20日(日)10:30〜17:30
場所:江古田校舎 東棟地下1階 EB-1教室

映像表現・理論コースの卒業研究作品を5プログラムに分けて上映します。
4年生が3年生のときに制作した作品や、現3年生の作品も一部上映します。

卒業研究プログラム上映スケジュール

卒業研究プログラム上映スケジュール

映表理の卒博メインビジュアル2

映表理の卒博メインビジュアル2

 

最新情報は、下記の学生広報アカウントにて随時お知らせしています。

Twitter @eihyouri_enfant
Instagram @eihyouri_kids
Facebook @nichigei.sotsuten.eizo

2022/03/03

日本映画の未来を
ー日本映画の未来を体感し、日本映画の未来を育てる上映会

 

文化庁と日本大学が主催し、次代の文化を創造する新進芸術家育成事業「大学連携による映画人育成のための上映会 S.T.E.P.」を開催します。
新型コロナウィルス感染症の状況はまだまだ予断を許さない状況ではありますが、映画界の未来のために今年度も感染拡大防止策を整えた上で、開催することとしました。
本上映会は日本国内の映画教育に携わる大学と大学院が設立した全国映画教育協議会の加盟校の作品を中心に若手映画人の育成を目的としたものです。
毎年数多くの優れた学生作品や若手映画人の自主制作作品が制作されています。
しかし、一般の映画館で上映されることは、残念ながら多くありません。
映画というものは、観客の皆様の目に触れてこそ、完成するメディアです。
観客の目に触れ、その声が直に、制作者に届けられることこそ、若手の制作者にとっては、掛け替えの無い体験となり、成長するためのステップとなるはずです。
是非、この機会に次代の映画界を背負って立つ才能に触れて、叱咤激励して下さい。

 

○令和3年度 育成対象者作品

大阪芸術大学 『雨中相合傘』
京都芸術大学 『わたわたぐも』
神戸芸術工科大学 『Bubble Summer Girls』
城西国際大学 『ネーム』
東京藝術大学大学院 『知らない人』
東京工芸大学 『Borderless』
東北芸術工科大学 『もぬけの家』
名古屋学芸大学 『急ぎの便り』
日本大学 『ただそこに居る私たちへ』
日本映画大学 『天真爛漫ストライキ』
武蔵野美術大学 『Journey』
立命館大学 『えんまさん』
早稲田大学 『弾ける』

青い翼大賞 『大鹿村から吹くパラム』
青い翼大賞 『POP UP TO YOU』

アジア大学生映画祭『あすみ』
アジア大学生映画祭『答え合わせのないあなた』

 

○特別プログラム

・『自宅警備員と家事妖精』

・ndjc2020

 

内容は予告なく変更になることがあります。ご了承ください。

入場無料(整理券配布予定)

 

 

スケジュール (PDFファイル)

主催: 文化庁、日本大学
制作: 日本大学
協賛: 全国映画教育協議会、一般社団法人日本映画テレビ技術協会
協力: K’s cinema、アークエンタテインメント株式会社

問い合わせ: 日本大学芸術学部映画学科 (STEP上映会係)
TEL: 03-5995-8220/FAX: 03-5995-8229

開催期間: 2022年3月13日(日)〜18日(金)
会場: K’s cinema
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35-13 3F

http://step-cinema.net/

2022/03/01

卒業成果物の発表会「日藝の卒博」を、3月13日(日)〜20日(日)の8日間、現地とオンラインでハイブリッド開催することになりました。
映画学科では、3月13日(日)から特設サイトにて論文、シナリオ(あらすじ)、映像作品を公開し、現地でも様々な企画を実施予定です。

対面プログラムは、事前予約制です。
ご来場予定の方は、芸術学部ホームページの特設ページ(https://www.art.nihon-u.ac.jp/about/sotsuhaku/)より予約してください。
展示は日付指定の予約のみで観覧可能、上映プログラムは3月7日(月)より予約開始します。
対面プログラムに参加するために大学へ入校する際は、入校前8日間の検温記録を所定の用紙に予め記入し、持参していただく必要があります。

また、「日藝の入試博覧会」を同時開催いたします。
映画学科では3月19日(土)・20日(日)の二日間、対面での進学相談会を予定しています。
こちらも、卒博の特設ページ(https://www.art.nihon-u.ac.jp/about/sotsuhaku/)から申込みを受け付けていますので、日藝の卒博を見て日藝に興味を持っていただいた方、受験を検討している高校生や保護者の皆さんは是非ご参加ください。

いずれの対面企画も、希望日の前日の正午までに予約が必要です。
事前予約を忘れずにお越しください。

令和3年度卒博ポスター

令和3年度卒博ポスター

「日藝の卒博」

期間:3月13日(日)〜20日(日)
特設ページ:https://www.art.nihon-u.ac.jp/about/sotsuhaku/

 

【映画学科企画】

〈現地開催〉

・論文・シナリオ展示
3/13(日)〜3/20(日)

・ループ上映
3/13(日)〜3/20(日)

・インスタレーション展示
3/16(水)〜3/20(日)

・プログラム上映
3/13(日):映像表現・理論コース(前年度作品)「映表理の卒博2021リターンズ」
3/18(金)〜3/20(日):監督、撮影・録音、演技コース
3/19(土)・20(日):映像表現・理論コース

・伊澤彩織さんトークショー(映像表現・理論コース オープニングイベント)
3/13(日)11:00〜12:00

〈オンライン〉

・論文、シナリオあらすじ、映像作品
3/13(日)〜3/20(日)
https://sotsuhaku-eiga.wixsite.com/2021-2022

 

【学生広報アカウント】

映像表現・理論コース
Twitter @eihyouri_enfant
Instagram @eihyouri_kids
Facebook @nichigei.sotsuten.eizo

監督、撮影・録音、演技コース
Twitter @sotsuhaku_2022
Instagram @sotsuhaku_2022

 

【映像表現・理論コースのプログラムについて】
http://nuart-cinema.info/news/2022/03/4268/

 

※対面及び一部のオンラインプログラムは、事前予約制です。
事前予約制のプログラムについては、前日の正午までにご予約をお願いいたします。
ただし、対面のプログラムに参加するために大学に入校する際は、入校前8日間の検温記録を所定の用紙に予め記入し、持参していただく必要があります。
所定の用紙は、ご予約後、送付される「お申込完了メール」に記載されているURLからダウンロードすることができます。
新型コロナウイルス感染予防のため、ご協力の程、よろしくお願いいたします。
なお、今後の社会状況によってはオンラインのみでの開催の可能性があることをご承知おきください。

2022/02/28

2021年12月4日(土)から10日(金)までの7日間、今年で11回目となる、学生企画・運営による映画祭を開催します。
今回のテーマは「ジェンダー・ギャップ」。
本映画祭は、映画学科の授業「映画ビジネス」の一環として開催するもので、テーマの選定、上映作品の交渉、宣伝などほぼ全てを学生の手によって行っています。
是非、足をお運びください。

「ジェンダー・ギャップ映画祭」チラシ

「ジェンダー・ギャップ映画祭」チラシ

ジェンダー・ギャップ映画祭

主催 : 日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コース3年映画ビジネスゼミ/ユーロスペース

開催日 : 2021年12月4日(土)~12月10日(金)

会場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5)
http://www.eurospace.co.jp/

前売券 1回券(一般・学生ともに)900円 3回券(一般・学生ともに)2,100円
当日券 1回券(一般)1,300円、(学生)1,100円 3回券2,850円

※各回入れ替え制・全席指定席
※開場はそれぞれ上映開始10〜15分前です
※前売り券はユーロスペースにて、ご購入いただけます

上映作品、時間などについての詳細は、下記よりご確認ください。

ホームページ http://nichigei-eigasai.com
Twitter @nua_eigasai2021
Facebook @nichigei_eigasai
Instagram @nichigei.eigasai

「ジェンダー・ギャップ映画祭」予告編

▼本映画祭の様子は、様々なメディアに取り上げられています▼

東京新聞「日芸映画祭、上映作で「ジェンダー・ギャップ」映し出す 12月に渋谷で」(11/26)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/144849

VOGUE CHANGE「なぜならそれは、切実な問題だから──現役大学生主催の「ジェンダーギャップ映画祭」が伝える世代を超えたメッセージ。」(11/28)
https://www.vogue.co.jp/change/article/nu-art-gender-gap-film-festival

AERA「時代とともに変わるジェンダー・ギャップを知る40作品 映画を学ぶ学生や上野千鶴子さんらが選んだ過去と現在のリアル」(11/29)
https://dot.asahi.com/aera/2021120200045.html

VOGUE CHANGE「「もうひとつの「ジェンダーギャップ映画祭」──主催の日藝生おすすめ映画を一挙紹介!」(12/1)
https://www.vogue.co.jp/change/article/gender-gap-film-festival-extra-edition

毎日新聞「映画から性差見つめて 「時代、国超え共通の課題」 日大生が企画上映へ」(12/2)
https://mainichi.jp/articles/20211202/ddl/k13/040/006000c

日本経済新聞「ジェンダー・ギャップ考えて 大学生が映画祭、4日から」(12/3)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE01D3M0R01C21A2000000

朝日新聞デジタル「「忖度なし」時代映す日芸生の映画祭 今年はジェンダー・ギャップ」(12/3)
https://www.asahi.com/articles/ASPD24H5HPCZUCLV00H.html

読売新聞 OTEKOMACHI「ブームでは終わらせない!現役日芸生が仕掛けるジェンダー・ギャップ映画祭」(12/3)
https://otekomachi.yomiuri.co.jp/lifestyle/20211202-OKT8T319411/

マガジン9「無意識の偏見に気づくきっかけに。大学生が主催する「ジェンダー・ギャップ映画祭」」(12/1)
https://maga9.jp/211201-4/

Indie Tokyo「日芸生による「ジェンダー・ギャップ映画祭」 主催インタビュー記事」(12/1)
http://indietokyo.com/?event_blog=%e6%97%a5%e8%8a%b8%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%e3%80%8d%e3%80%80

2021/11/11

日芸祭期間中の11月3日(水・祝)〜11月5日(金)の3日間、江古田校舎にて対面型の入試相談会を実施します。
予約期間が11月1日(月)までと短くなっていますので、検討中の方は予約サイト(こちら)から空席状況をご確認ください。
受験生のみなさんのご参加をお待ちしております。

入試相談会の様子1

オープンキャンパスでの入試相談会の様子1

入試相談会の様子2

オープンキャンパスでの入試相談会の様子2

芸術学部入試相談会

1 日 程
【予約期間】令和3年10月18日(月)17時~11月1日(月)17時まで
【実施期間】令和3年11月3日(水・祝)~11月5日(金)
予約方法等の詳細についてはこちら

2 内 容
対面方式による個別入試相談会
※学科によってオンライン企画も同時開催しております。

3 対 象
本学部進学希望の受験生
なお,保護者の引率はご遠慮いただきますようお願いいたします。

4 備 考
上記期間には日芸祭を開催していますので,入試相談会参加者は学生主催のイベント
やキャンパスの雰囲気もご覧いただけます。
日芸祭特設サイトはこちら

2021/10/27

学生アニメーションの最前線「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル【ICAF】2021」に今年も参加します。
今年も昨年度に引き続き、オンラインで開催されることになりました。
全国25校の教育機関の学生アニメーション作品がオンラインで公開されます。
映画学科からも、昨年度の実習で制作されたアニメーション作品を出品します。

会期は3つの期間に分かれ、9/18(土)〜22(水)の「プレオープン期間」には観客賞の対象となる「各校選抜プログラム」が公開されます。
続く9/23(木)〜26(日)の「メインイベント期間」には全25校の全ての作品が公開され、9/27(月)〜10/3(日)の「アーカイブ期間」には、全ての上映プログラムとイベント記録をご覧頂けます。
全て、特設WEBサイト(https://icaf.info/)にて公開予定です。

視聴は無料です。
是非、御覧ください。

ICAF2021_poster

ICAF2021 ポスター

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2021(ICAF2021)

会期:9月18日(土)~10月3日(日)
プレオープニング期間 :9月18日(土)〜22日(水)
メインイベント期間  :9月23日(木)〜26日(日)
アーカイブ期間    :9月27日(月)〜10月3日(日)

会場:特設WEBサイト(https://icaf.info/

プログラムなど、より詳しい情報は、ICAFの公式サイト(https://icaf.info/)をご確認ください。

日本大学芸術学部 参加作品 抜粋映像

2021/09/03

映画学科では、下記の通りオンラインでの学科説明会を実施します。
どなたでも参加可能ですので、是非ご参加ください。

 

オンラインによる学科説明会(Zoomを利用)
8月29日(日)13:00~14:00
映画学科主任による全体説明と質疑応答をZoomで行います。
事前予約制:予約はこちら

 

2021/08/16
Page Top