日本大学芸術学部映画学科

ニュース

日本大学芸術学部映画学科からのニュース一覧です。

芸術学部サイト内で、「日藝のオンラインオープンキャンパス」ページが公開されました。

http://www.art.nihon-u.ac.jp/admission/opencampus/

芸術学部の各学科について、動画で説明を行っていますので、受験生の皆さんは是非ご覧ください!
入学者選抜に関する説明も動画で行っていますが、ご質問・ご相談がある場合は、オンラインオープンキャンパスページの「相談・申込フォーム」よりご連絡ください。

芸術学部のYouTubeチャンネルでは、映画学科のPRビデオも公開しています。
今年はオンライン授業を行っているため、大学での授業の様子はお見せできませんが、過去の授業の様子はこちらからご覧いただけます。
合わせてご覧ください。

2020/06/30

映画学科では令和2年6月16日に学部より発表された「新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応」を受け、6月29日(月)以降、映画学科学生の映画学科施設・機材の借用を開始します。

新型コロナウイルス感染対策から、キャンパスに入校できる人数には制限があるため、原則、各コース・各授業において、授業の進行状況や内容から、 施設・機材の借用が必要であると判断した場合に、対象となる学生と相談・打合せのうえ入校日時等を調整していきます。              ご存知の通り、前期授業はすべてオンラインで行う方針には変わりませんので、現時点で江古田校舎へ来ることが困難なみなさんに不公平が無いような運行を考えます。くれぐれも無理をしないようにしてください。

また、何らかの事情でキャンパスに入校する必要がある場合は、まず各コースの先生・助手に相談してみてください。

 

※入校に関してはみなさんが健康であることが前提となります。「日本大学健康観察システム」への毎日の検温、体調報告、行動記録がその根拠となりますので、まだ「日本大学健康観察システム」の利用を始めていない人は今すぐ始めてください。

2020/06/25

《日藝のオンラインオープンキャンパス》を企画しています。詳細については今しばらくおまちください。

2020/06/22

2020年度の「授業一覧」「教職員」「受賞作品一覧」が更新されました。

授業一覧(http://nuart-cinema.info/lesson/

教職員(http://nuart-cinema.info/profile/

受賞作品一覧(http://nuart-cinema.info/award/

2020/06/22

映画学科新入生

在校生

保護者の皆さまへ

 

令和2年度 映画学科前期オンライン授業におけるお願い

 

映画学科としましては、現在、来週からのオンライン授業開始に向けて準備を進めております。

私自身、日頃から映像・映画作品を目にすることを、映画教育の最大の効果の1つであると学生の皆様に伝えている身としては、現在、映画館が閉鎖されるなど心痛む状況が続いております。

また、残念ながら、オンライン授業では、各授業で必要としている鑑賞して頂きたい映画、映像作品を授業内で鑑賞することが出来ません。

現時点で、授業で鑑賞して頂きたい作品をインターネット上にアップロード、ダウンロードするには著作権管理上の問題などがあり、不可能であると判断せざるを得ません。

そこで皆様にお願いしたいのが、多くの作品を配信している動画サイトへ登録し、鑑賞していただくことです。

様々な動画配信サイトを検討した結果、映画学科としては、新旧の作品の多寡、加入条件等を鑑み、Amazon Prime Studentを勧めさせて頂きます。登録後、6ヶ月間は無料体験できますので、ぜひ無料体験期間だけでも登録し、学習の一環にしていただければとの思いです。

通信料は別途必要となりますし、登録の際には、クレジットカード情報が必要となる場合がありますので、保護者の皆さまには、ご理解とご協力を頂戴しなければなりません。

Amazonの配信サービスで全ての作品がカバーされるものではありませんが、少なくとも今、学ぶ価値のある無料視聴可能な作品が多く含まれており、 1本でも多くの作品に触れる機会を得て頂きたいと思ってのお願いです。

もちろん、本件はオンライン授業履修の必修条件ではありません。このようなお願いをさせて頂き、大変心苦しく思っておりますが、少しでもオンライン授業の充実のためにもご協力をお願いする次第です。

尚、加入方法は‥Prime Video 学生版| Amazon.co.jp – アマゾン

(授業開始5月11日までにお手続きをお願いさせて頂きます)

 

令和2年5月4日 映画学科主任

齊 藤 裕 人

2020/05/05
芸術学部の図書館にはキャンパスに来なくても利用できる「電子資料」があります!
この電子資料を閲覧するには「NU-AppsG」のアカウントが必要となります。
例年であればキャンパス内のパソコンを使った初期登録が必要でしたが、
現状は映画学科のみなさん全員が「NU-AppsG」に登録済みの状態になっています。
(「NU-AppsG」のIDと初期パスワードが学部から郵送で届いたはずです!)
外出自粛で活動を制限された昨今ではありますが、せっかくの機会なので図書館の電子資料を活用してみてください。
http://www.art.nihon-u.ac.jp/blog/index.php?c=topics_view&pk=1588221150
2020/05/02
NU-AppsGにログインし初期パスワードの変更は済みましたでしょうか?
今後、NU-AppsGのメールには学部や学科からの重要な連絡が届くことになります。
こまめな確認を心がけるようお願いします。
令和2年 4月30日
映画学科
2020/04/30

映画学科 令和2年度ガイダンスのお知らせ

 

映画学科では、令和2年度のガイダンスは4月20日(月)からオンラインと郵便物の組み合わせにより実施いたします。

現在、17日(金)着を目指し芸術学部からのガイダンス資料の郵送を行い、ガイダンス資料をまとめた特設サイト「日藝ガイダンスサイト」の公開も 17日(金)を予定にしております。20日からのガイダンス開始に備えて、配布資料の内容をしっかり確認しておいてください。

 

令和2年4月11日

日本大学芸術学部映画学科

2020/04/11

この度の新型コロナウィルス感染症によるガイダンスや授業開始の更なる延期において不安な思いの中、生活されていることと思います。       特に、卒業制作や実習が今後どのような授業展開になるのかについて、疑問や不安が募るばかりであると思います。

現在、皆さんにお願いしたいのは、とにかく不要不急の外出はしないことです。なんのために学校も対面授業を中止して、ネットでのガイダンスや授業に取り組もうとしているかを慎重に考えてみてください。今を乗り切ることが何よりも大事な局面なのです。この局面を乗り越えてこその映画製作です。

皆さんもNHKの大河ドラマや朝の連続テレビ小説の収録が中断しているという状況をご存知でしょう。そのほか、映画、ドラマの制作現場の多くが今中断しています。これが世の中の現状です。

今、皆さんが考え、行うべきことはこれまでに学んだことを復習し、十分に身につけておくことで今後の活動に対応するようにすることです。

ロケハンやシナハンなどの無理な活動は決して行わないように強く忠告しておきます。

このような状況の中でもできることを皆さん一人ひとりがしっかりと考えてください。あなたたちはもう大人なのですから、十分に責任を持った行動を期待します。

 

元気なままで、20日以降のガイダンスを迎えられるように。

 

令和2年4月10日

映画学科

監督、撮影・録音、演技コース

専任教員一同

2020/04/10

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

新入生の皆さんに対して私が、今一番心配しているのは、学校の仲間を作ることができないことです。                       地方から出てきていて一人暮らしをされている方は、尚更、孤独な立場にいらっしゃるかもしれません。学校にも行けず、バイトもできず、友人作りもできず、映画館に出かけることもできない。                                                  どれもこれも本当に辛いことばかりです。不安も多くあるでしょう。

しかし、すでに日本大学芸術学部映画学科の教職員はみなさんとともにいますし、ガイダンス、授業開始に向けて準備をしており、1日も早く皆さんと会えることを楽しみにしています。新入生、在校生約600名の映画学科の学生は全て映画学科の一員なのです。決して、誰も一人ではありません。誰も一人にはさせません。気分は一人でも繫がりは必ずあることを認識していてください。そして、家にいてください。残念ですが、外出して身を危険に晒さないでください。決して自暴自棄にならないでください。止まない雨はありません。

環境が整っているなら、テレビやスマホなどで劇映画やテレビドラマ、ドキュメンタリーなどを観てください。読書をしましょう。ニュースや新聞を見て、自分の考え方、物の見方を認識しましょう。こんな時だからこそ自分ができること、やるべきことを見いだしてください。

20日以降にはガイダンスが始まります。顔を合わせることができなくても、大学生になった実感が湧くことでしょう。私も楽しみにしていますし、皆さんも楽しみにしていてください。

 

食事と睡眠を十分に、健康管理に努めてください。

 

令和2年4月10日

日本大学芸術学部映画学科主任

齊 藤 裕 人

2020/04/10
Page Top