日本大学芸術学部映画学科

12月9日より開催されていました、映表理の授業〈映画ビジネスⅣ〉による映画祭「映画と天皇」は12月15日、好評のうちに終了しました。

開催期間中の入場者は、2030名でした。これは、この映画祭が始まって6回目なのですが、歴代2位の記録でした。
学生たちの上映作品へのコメントや作品の情報などを掲載しているパンフレットは、5日目で売り切れました。これは初めてのことでした。

今回、メディアの取材が多く、全国紙(新聞)にはすべて取り上げられ、何社かは夕刊の社会面トップだったりと大きく扱われました。

また、NHK、テレビ朝日などの取材も受け、関心の高さをスタッフ一同実感しました。

この映画祭は、映表理の映画ビジネスⅣの授業で行なっているのですが、それぞれ専攻の内訳は(映像表現・理論コースは、2年次より、理論・批評専攻、シナリオ専攻、映像専攻に分かれます)次の通りです。

理論・批評専攻 9名
シナリオ専攻  3名
映像専攻    2名

専攻に関係なく、映画ビジネスに興味のある学生が参加しています。
学生たち自身で、映画祭のテーマを決め、上映作品の選考、そして作品を上映するための交渉(海外との交渉もあります)、プログラムの決定などを行なっています。

今回のスタッフと指導した古賀先生、大竹先生

今回のスタッフと、指導した古賀太教授、大竹久美子講師

受付のようす。

受付のようす。

S__5259281

受付のようす。

準備する学生スタッフ。

準備する学生スタッフ。

スタッフはいろいろな仕事をしました。

スタッフはいろいろな仕事をしました。

受付のようす。

受付のようす。

このパンフレットは5日目に売り切れました。

このパンフレットは5日目に売り切れました。

スタッフたちの一枚。

スタッフたちの一枚。

2017/12/18

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

映表理の卒博ツイッターはこちら↓
映像表現・理論コース 卒博2018

2017年12月9日〜15日
映画ビジネスによる映画祭「映画と天皇」

2017年12月開催
インターリンク:学生映像作品展(ISMIE2017

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

Page Top