日本大学芸術学部映画学科

昨日、映像表現・理論コース〈理論・批評専攻〉の卒業論文の口頭試問が行われました。

この口頭試問、映像表現・理論コースに公開(1年から可)で行われます。

今年の論文は以下のようなものです。
「原節子 ―令嬢をめぐって―」
「スザンネ・ビア論ー「運命の急転」を巡ってー」
「映画の製作拠点としての名古屋―マキノ中部撮影所を中心に―」
「清水宏論〜アウトサイダーへの視線〜」
「日本記録映画史における本質論の位相―亀井文夫と今村太平を中心に―」
「ブニュエルの神学~カトリック批判とプロテスタンティズム~」
「日活ロマンポルノと女性観客との親和性〜小沼勝を中心に〜」
「宮藤官九郎論―演劇と映画を超えて」
「ウンベルト・エーコの映画理論 -コミュニケーション的観点からの映画・映像の美学-」
「映画作家・大林宣彦~死と愛の陶酔~」
「クィア映画とは何か アメリカン・ニューシネマを中心に」
「ジョン・ヒューズ論ー青春映画をめぐって」
「森田芳光監督論─食べるシーンを中心に─」
「野田高梧論 〜小津安二郎から遠く離れて〜」

指導教員と、映像表現・理論コースを担当する教員が参加し、プレゼンテーションの後、質疑応答をします。

3年生はもちろんのこと、1、2年生も会場に来て、プレゼンテーション、質問に聞き入っていました。

会場の様子です。

会場の様子です。

プレゼンテーションをする学生。

プレゼンテーションをする学生。

指導教員がコメントを言っているところ。

指導教員がコメントを言っているところ。

プレゼンテーションをする学生。

プレゼンテーションをする学生。

2017/02/04

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top