日本大学芸術学部映画学科

卒業研究の副論文(20000字程度)の第1稿が提出になりました。今年は、29本となりました。
まだ6月なのに提出が早いと思われるかもしれませんが、卒業研究のスケジュールは、こんな風になっています。

創作作品
企画          4月〜5月
構成・シナリオ等指導  6月〜7月
制作          8月〜12月
提出          1月

副論文
企画〜第1稿      4月〜6月
第1稿発表       6月末
最終稿提出       1月

卒業研究の副論文は、創作作品と関係のあるものとし、場合によっては創作作品の調査の意味合いもあります。
そのため、創作作品の制作に入る前に、第1稿を完成させます。
それを発表し、複数の指導教員が意見を述べ、学生たちは創作作品を作った経験も踏まえ、改稿し1月に創作作品とともに提出します。

今年度の副論文の第1稿のタイトルは以下です。

「写真で描くドキュメンタリー 〜優れた報道写真とは〜」
「連作短編と映像内、映像外で過ぎていく時間 ジム・ジャームッシュの作品と10ミニッツオールダーを中心に」
「ビル・ヴィオラが描く<時間・空間・イメージ>についての考察」
「映画を取り巻く上映空間の変遷」
「セルゲイ・パラジャーノフ 〜サヤト・ノヴァを中心として作品を考察する〜」
「平行するサウスパーク世界」
「わいせつ罪とストリップ」
「監督・今石洋之のオリジナリティーを探る」
「ハル・ハートリー作品の演出について」
「映像作品における反復効果と構造分析 〜反復がもたらす“差異”とは〜」
「アクションドキュメンタリー 〜原一男の方法〜」
「ファイアボール 2分×13話から見える物語」
「映画からみる〈第2の性〉について」
「現実空間にしばられない映像表現について 絵巻物からのアニメーション引用」
「『白ゆき姫殺人事件』と『ソーシャルネットワーク』から見るSNS』
「シークエンスショットの空間的深さと映像の身体性について」
「映像作品に音は必要なのだろうか 〜映像とクラシック音楽を中心に〜」
「森山大道と私の街」
「アニメーションドキュメンタリー 〜その効果と存在論〜」
「ヴィレッジヴァンガードにおいて 求められる映像コンテンツ」
「ミニマリストのブームから見る、今の時代の中で大事にされるものは何か?」
「ジャン=ピエール・ジュネ監督の映像世界」
「緊縛師 一鬼のこ作品からみる”繫がり”とは」
「古川タクにみる表現技法」
「悪の象徴としてのジョーカー」
「映像作品におけるヌンチャクの役割」
「映像化された張愛玲の小説について」
「物と人間の恋愛を描く映画が描けること」
「伊藤高志論」

2016/06/19

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top