日本大学芸術学部映画学科

2年生の授業〈映像表現・理論Ⅱ〉では、ゴールデンウィーク後の最初の授業で「ドキュメンタリー映画について」の講義と、各専攻合同実習のシナリオの最終打ち合わせ、画コンテの指導が行われました。

ドキュメンタリー映画については、講師の日向寺太郎監督が担当しました。
日向寺監督は、映画『火垂るの墓』(実写版のものです)、『爆心 長崎の空』の監督で、ドキュメンタリー作品では『生きもの 金子兜太の世界』『魂のリアリズム 画家 野田弘志』があります。

日向寺監督は、師事したドキュメンタリー作家である松川八洲雄監督の話を交えながら、学生たちにドキュネンタリーについて講義をしました。

また、午後に2年合同実習のシナリオの最終打ち合わせ、画コンテの指導が行われました。
シナリオはこの日で完成(後日、公開します)。
そして、映像専攻はグループに分かれ(日向寺監督もグループのひとつを担当しています)、撮影場所の確認、画コンテを見ながら、カット割りやアングル、演出について指導、話し合いをしました。

ドキュメンタリーについて講義する日向寺太郎監督

ドキュメンタリーについて講義する日向寺太郎監督

ドキュメンタリーについて講義する日向寺太郎監督

ドキュメンタリーについて講義する日向寺太郎監督

画コンテを見ながらの話し合い。

画コンテを見ながらの話し合い。

学生の書いた画コンテ

学生の書いた画コンテ

2016/05/08

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top