日本大学芸術学部映画学科

2年生の映像表現・理論Ⅱの授業では、第1課題を〈シナリオ専攻〉〈映像専攻〉が合同で作品を仕上げます。そして完成したものを上映し、〈理論・批評専攻〉が批評します。

〈シナリオ専攻〉が書いた短編シナリオで、〈映像専攻〉が映像化するのですが、〈シナリオ専攻〉がシナリオ書き終えました。
まず、〈シナリオ専攻〉が一人一本にシナリオを書き、それをみんなで読んで2本のシナリオを選びます。
その選ばれたシナリオを2つのグループに分かれて、合議で推敲をし、〈映像専攻〉に渡し、さらに打ち合わせをして改稿し、完成稿を仕上げます。また、〈理論・批評専攻〉もスタッフやエキストラとして協力し、作品が完成した時には、〈理論・批評専攻〉がその作品の批評をし、みんなで話し合います。

現在、〈シナリオ専攻〉がシナリオを読んでいますが、今年は21本のシナリオから2本選びます。
その21本の題名は次の通りです。
(実は教員サイドは、選ばれるシナリオが決まるまで読まないようにしています。なぜなら、顔に出ちゃうので…)

『早く逃げろ』
『友達の作り方』
『私、花子と申します。』
『ファンタジア』
『凹と凸は使いよう』
『書くか落とすか』
『ない、ない!』
『この世界も捨てたもんじゃないぜ』
『単位なき戦い』
『となり』
『エアー学生』
『サークル』
『カエルの映画』
『カラダだけモテ期』
『つちのこがでた』
『Change the card』
『人』
『オモイデ』
『私が望むドン』
『幼なじみ』
『生きがい』

さて、どんなシナリオが選ばれるのでしょう。選定の日は、4月15日です。

提出されたシナリオの一部

今年度の提出されたシナリオの一部

昨年度の、映像表現・理論Ⅱの第1課題の撮影の様子。

昨年度の、映像表現・理論Ⅱの第1課題の撮影の様子。

昨年度の、映像表現・理論Ⅱの第1課題の撮影の様子。

昨年度の、映像表現・理論Ⅱの第1課題の撮影の様子。

2016/04/08

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top