日本大学芸術学部映画学科

今年度の授業が終わったと思ったら、もうすでに次年度の準備に取り掛かっています。
創作も副論文もこの2月、3月にしっかり準備をしないと、うまく進みません。

現段階で、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどさまざまな創作の企画書が提出されています。
もちろん、その多くはジャンル(という言いかたを敢えてここではしますが)を跨いでいます。現在の映像作品においてジャンルの境界は曖昧で、すでに存在しないというのが映像表現・理論コースの考え方です。

ショートドラマとメディアアート、アニメと実写ドラマ、ドキュメンタリーとメディアアートなど、複合的なものが多くなっています。

今年度、映像表現・理論コースが4年目を迎え、最初の卒業研究の審査・口頭試問を2月頭に行いましたが、その時の先生方の感想は、レベルの高低はあるが方向性は間違っていない、というものでした。
完成度を追求して型にはまった創作になるのだったら、荒削り・不完全・未熟でかまわないから、創作者が新しいと思える表現・オリジナリティを最大限発揮したもの・今までなかったような新しい視点やコンセプトで創作に取り組むことを、映像表現・理論コースは求めています。

来年度の卒業研究の第1回目企画書

来年度の卒業研究の第1回目企画書

2016/02/19

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top