日本大学芸術学部映画学科

 インターンシップレポートの4回目です。
 今回はギャガで、インターシップをおこなった森川さんです。

インターンシップ感想

森川未来 

インターン先:ギャガ 期間4月18日〜7月18日

映画ビジネスⅢという授業の一環として映画会社にインターンシップに行くことになりました。突然の決定に最初は大変戸惑いました。いくつかの映画会社が提示され、その中から希望を出し、面接を経てインターンシップに行くこととなりました。
 二年生のときに受けていた映画ビジネスで、映画の宣伝や配給の簡単な仕組みについては学んでいましたが、実際の動きや雰囲気に関しては授業だけではわかりません。私が行かせていただいていたのは「宣伝部」という部署でした。そこでは、洋画と邦画、公開規模の大きい作品から小さい作品まで幅広い作品の宣伝が行われていました。私はそこで三ヶ月間宣伝部の空気を肌で感じ取ることが出来ました。
 同じ映画であっても公開規模によって宣伝の幅が全く違います。特に邦画で、予算もあり、公開規模が大きい作品になると、試写会や雑誌でのインタビューなど多くの宣伝活動が行われているのだと実感することが出来ました。実際にインタビューに同行させていただけたことは、大変貴重な経験であり、今後も決して忘れないと思います。
 その他にも日常的な細かな事務作業などをしながら、日々を過ごしました。三ヶ月というまとまった時間のなかで、なにも決まっていない素材のままの映画が、何度も話し合いを重ね、世に出る形になっていくのを見るのはとても勉強になりました。普段わたしたちが何気なく手にとっているチラシや目にするポスター、予告編は様々なことが年蜜に話し合われ、計算して作られているのです。チラっとみるだけなら気にならないようなかなり細かいところまで何度も修正をするという妥協をしない姿勢はどんな仕事においても重要なことだと思います。
 授業の一環ではありましたが、ただの学生では体験できないことや、感じられない生の現場の空気を感じることができたので大変いい経験になったと思います。

2014/08/26

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

平成29年6月25日(日)
オープンキャンパス(クリックすると映画学科のプログラムが表示されます)
映像表現理論コースは、
①10:00〜11:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
11:00〜12:00 作品上映
②14:00〜15:00 ガイダンス(コースの特色の説明)
15:00〜16:00 作品上映

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top