日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください!

映像表現・理論コース1年生の初授業が行われました。

各自の自己紹介から始まり、

早速授業へ。

映像・理論・シナリオに取り組む我がコースで、先陣をきったのが

T先生によるシナリオの授業でした。

海外の短編作品を見てもらったのですが、どの作品も斬新かつ見易いものばかり。

私個人は『ミッドサマー』や『ヘレディタリー/継承』でおなじみのアリ・アスター監督の初期の作品が好きでした。

アリ・アスター監督、僕の一つ上なんですね…

そういえば『新聞記者』の藤井道人監督も一学年上の先輩。学科違うけど『恋せぬふたり』で向田邦子賞をとった吉田恵里香さんは同級生。

俺は、悔しい。


[記事詳細はこちら]
2022/04/22

先週4月9日に1年生向けガイダンスが行われました。


[記事詳細はこちら]
2022/04/11

2022年3月13日(日)〜20日(日)の8日間、オンラインと現地のハイブリッドで、「日藝の卒博」を開催しました。
初日はオープニングイベントとして、映像表現・理論コースの卒業生でスタントパフォーマーとして活躍している伊澤彩織さんを招き、伊澤さんの卒業研究作品の上映と、在学生とのトークを行いました。
イベント当日の様子を写真でご紹介します。


[記事詳細はこちら]
2022/04/04

日本映像学会・映像表現研究会主催のインターリンク:学生映像作品展[ISMIE]2021に参加します。
今年で第15回となる本作品展は昨年に引き続き、特設サイト(https://sites.google.com/view/ismie2021/)にて参加校教員による推薦作品を共有し、Zoomにて情報交換を行うオンラインでの研究会を行います。

映像表現・理論コースからは、昨年度の映像表現・理論Ⅲと卒業研究で制作された2作品を公開します。


[記事詳細はこちら]
2021/12/06

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top