日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください!

前回、映像表現・理論コースの「映画ビジネスⅢ」のインターンシップについて、その参加した学生からのレポートをアップしました。今回は、その2回目です。
映画配給会社「マーメイドフィルム」でインターンシップを行った尾形友利亜さんのレポートです。

「去年の五月、吉祥寺にある映画館「バウスシアター」が閉館した年に、わたしはボランティアとして最後の一ヶ月を飾る映画祭「ラストバウス」に携わりました。今回インターン先として映画配給会社「マーメイドフィルム」を希望した理由はここにあります。主にヨーロッパを中心としたアート映画を買い付け・配給しているマーメイドフィルムは、この映画祭でカンヌのパルムドールを受賞した傑作『アンダーグラウンド』(1996)を上映しており、また、映画祭自体の宣伝を担当していたのは映画宣伝会社「VALERIA」でした。それまで全く映画宣伝や配給の会社というものをあまり意識したことがなく、好んで観ていた作品の多くがマーメイドフィルム配給だったり、VALERIAが宣伝をしていたということを知り、大変驚いたことを覚えています。大きな映画会社以外にも、数存在する小さな映画会社が支えている映画があるのだということを肌で認識し、同時に映画ビジネスに興味を持った瞬間です。実際にボランティアとして過ごす日々の中でも、宣伝の方々の熱意や仕事に対する姿勢に様々な刺激を受け、強く憧れの気持ちを持つようになりました。何より優しくフレンドリーな人柄に居心地が良く、今回インターン先が希望できると聞いた時には、再び皆さんの下で経験を積ませていただきたいと思い希望致しました。

マーメイドフィルムとVALERIAは協業しているため、わたしはVALERIAで宣伝業務をさせていただきました。受け持った作業内容は主にパブリック整理、チラシ撒き、HP等への情報リリースです。どれも基本的には単純な作業ですが、それでも上手くできない自分に不甲斐なさを感じることも度々ありました。特に難しいと感じたのはチラシ撒きです。街にチラシ撒きに行った時、どのお店も快く置いてくれるとは限りません。はじめはお店に入るのも緊張し気持ちも消極的でしたが「宣伝は人と人との関わりだ」ということを教えてもらって以来、どんどん積極的に挑戦できるようになりました。一人でも多くの人に映画を知ってもらうため、断られたときにも「では、従業員様だけでも」とチラシを渡して帰ることも心がけました。
こう振り返ってみると、わたしの場合は他会社にインターンに行った人よりも圧倒的に外回りが多かったと思います。やはりアート系の小さな映画はシネコンで流れるような映画よりも、宣伝の幅に限りが出て来てしまいます。そのため、より多くの人に届けるためには、自ら動き直接人々に会い映画を宣伝していくことが必要不可欠です。したがって、確かに地道な作業ではありますが、目に見えない裏方のこの作業が、宣伝のなかでも最も大切なことかもしれないと感じました。
期間中宣伝をしていたドキュメンタリー映画『ルンタ』では、池谷薫監督と何度か一緒に行動させていただき、イベント準備、他大学での講義付き自主上映会など貴重な体験をさせていただきました。なかでも、渋谷イメージフォーラムでの公開日初日、満員御礼の光景を見たときの感動は忘れられません。微力ながら宣伝を手伝わせていただいた映画が、多くの人々に届いていたことが嬉しかったです。
週2回でしたが、多くの貴重な体験をさせていただきました。何よりよかったと思えたのは、会社内の皆さんが優しくフレンドリーに接してくれて、温かい雰囲気の中で緊張せずに過ごせたことです。インターンシップは終わりましたが、現在も違う形で引き続き関わらせてもらっています。学んだことを活かし、頂いた機会を無駄にせずこれからも頑張って行こうと思います。最後になりましたが、お世話になりましたマーメイドフィルム、VALERIAの皆さん、本当にありがとうございました。」

20150710_122419 20150717_163633


[記事詳細はこちら]
2015/08/21

 映像表現・理論コースの「映画ビジネスⅢ」では各映画会社などでインターンシップを行っています。
昨年度も紹介しましたが、今年度のインターンシップが始まりました。
今年度のインターンシップに参加した学生から、その報告・感想が届いています。
「日活株式会社」でインターンシップを行なった丸山くんです。

 
「今回、私はインターンシップで日活株式会社にお世話になりました。日活といえば溝口健二や今村昌平といった日本を代表する監督を輩出し、1970年代には言わずと知れた「にっかつロマンポルノ」を製作、近年でも『冷たい熱帯魚』『私の男』


[記事詳細はこちら]
2015/08/08

前回、映像表現・理論Ⅲの映像専攻の口頭発表の話題を書きましたが、7月31日、8月1日の両日、卒業研究の研究論文の口頭発表が行われました。

これも映像表現・理論Ⅲの映像専攻の発表と同じように、夏休みから制作に入る創作作品の調査・準備を含めての関連作品の研究です。

ドラマ、アニメーション、ドキュメンタリー、ビデオアート、また、研究論文が主で制作作品を副作品として提出するものもあります。

4年生の口頭発表は、映像表現・理論コースの学生には公開で行っています。1年生はあまり姿を見ませんでしたが、今後の研究、創作のために2年生、3年生も参加していました。

IMG_0122 IMG_0123 IMG_0124


[記事詳細はこちら]
2015/08/03

7月25日、26日の両日、映像表現・理論コースの映像専攻の口頭発表が行われました。
全部で32本の発表でした。

この口頭発表は、夏休みから制作に入る創作関連の研究を、論文にまとめ、なおかつ、発表するというものです。

内容は、
ショートフィルム関連で作家研究や演出の研究、
アニメーション関係の作家や手法の研究、
ビデオアート関連の研究、ミュージックビデオ関連の研究などでした。

学生たちは、今回の研究を創作に反映させ、
年末まで撮影、編集作業に入ります。

3年 口頭発表

3年 研究副論文

3年 口頭発表 2

 


[記事詳細はこちら]
2015/07/27

映像表現・理論コースでは、1年生の時、全員がストップモーションアニメーションを作ります。学生一人一本ずつ。

今日はその説明の授業風景です。

コマ撮りをする時のビデオカメラの操作方法だけでなく、アニメーションの原理の講義、コマ撮りで動くように見せるためには、動きをどう割って撮影すれば良いか、などを授業の中で行います。

この課題は、後期の課題なのですが、夏休み前に説明し、学生が夏休みを使って作品の企画を考えます。

スケールを使って、実際に物体を撮影し、動きのスピード、そして、アニメーションの動きを自然に見せるためにはスピードの強弱の必要性を学びます。

授号風景 スケール


[記事詳細はこちら]
2015/07/13

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top