日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください!

2年生の映像表現・理論Ⅱの授業で、現在公開中の映画『君が君で君だ』の阿部広太郎プロデューサーと、渡辺尊俊宣伝プロデューサーをゲストに迎え、現在の日本映画界で少なくなったオリジナル作品の企画から制作に至る経緯についての講義。


[記事詳細はこちら]
2018/07/28

International Filmmaker Festival of New Yorkでshortfilm部門の審査員特別賞を受賞した今治くんが、Hollywood World Magazineに取り上げられました。


[記事詳細はこちら]
2018/07/17

2018年度インターンシップレポート第2弾です。今回、インターンシップで学生を受け入れていただいた企業は、20世紀FOX社です。


[記事詳細はこちら]
2018/07/10

映表理の授業〈映画ビジネスⅢ〉では、春から受講生がインターンシップを行っています。インターンシップが終了した学生からレポートが提出されました。


[記事詳細はこちら]
2018/07/03

先日お知らせしました映像表現・理論Ⅲの今治くんのドキュメンタリー作品『10424』が映画祭 International Filmmaker Festival of New Yorkで上映されましたが、shortfilm部門の審査員特別賞を受賞しました。


[記事詳細はこちら]
2018/06/13

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top