日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください! 2〜3日ごとに新情報を追加しています。

 映像表現・理論コースの「映画ビジネスⅢ」では各映画会社などでインターンシップを行っています。
昨年度も紹介しましたが、今年度のインターンシップが始まりました。
今年度のインターンシップに参加した学生から、その報告・感想が届いています。
「日活株式会社」でインターンシップを行なった丸山くんです。

 
「今回、私はインターンシップで日活株式会社にお世話になりました。日活といえば溝口健二や今村昌平といった日本を代表する監督を輩出し、1970年代には言わずと知れた「にっかつロマンポルノ」を製作、近年でも『冷たい熱帯魚』『私の男』


[記事詳細はこちら]
2015/08/08

前回、映像表現・理論Ⅲの映像専攻の口頭発表の話題を書きましたが、7月31日、8月1日の両日、卒業研究の研究論文の口頭発表が行われました。

これも映像表現・理論Ⅲの映像専攻の発表と同じように、夏休みから制作に入る創作作品の調査・準備を含めての関連作品の研究です。

ドラマ、アニメーション、ドキュメンタリー、ビデオアート、また、研究論文が主で制作作品を副作品として提出するものもあります。

4年生の口頭発表は、映像表現・理論コースの学生には公開で行っています。1年生はあまり姿を見ませんでしたが、今後の研究、創作のために2年生、3年生も参加していました。

IMG_0122 IMG_0123 IMG_0124


[記事詳細はこちら]
2015/08/03

7月25日、26日の両日、映像表現・理論コースの映像専攻の口頭発表が行われました。
全部で32本の発表でした。

この口頭発表は、夏休みから制作に入る創作関連の研究を、論文にまとめ、なおかつ、発表するというものです。

内容は、
ショートフィルム関連で作家研究や演出の研究、
アニメーション関係の作家や手法の研究、
ビデオアート関連の研究、ミュージックビデオ関連の研究などでした。

学生たちは、今回の研究を創作に反映させ、
年末まで撮影、編集作業に入ります。

3年 口頭発表

3年 研究副論文

3年 口頭発表 2

 


[記事詳細はこちら]
2015/07/27

映像表現・理論コースでは、1年生の時、全員がストップモーションアニメーションを作ります。学生一人一本ずつ。

今日はその説明の授業風景です。

コマ撮りをする時のビデオカメラの操作方法だけでなく、アニメーションの原理の講義、コマ撮りで動くように見せるためには、動きをどう割って撮影すれば良いか、などを授業の中で行います。

この課題は、後期の課題なのですが、夏休み前に説明し、学生が夏休みを使って作品の企画を考えます。

スケールを使って、実際に物体を撮影し、動きのスピード、そして、アニメーションの動きを自然に見せるためにはスピードの強弱の必要性を学びます。

授号風景 スケール


[記事詳細はこちら]
2015/07/13

映像表現・理論コースの2年生のシナリオ専攻は、第1課題が映像専攻との作品創作、第2課題は200字詰原稿用紙120枚程度(1時間の作品)の脚色シナリオでした。
第3課題は、夏休み終了時に200字詰原稿用紙200枚〜250枚程度(2時間の作品)のオリジナルシナリオです。

夏休み前に、シノプシス、プロットを提出し指導を受け、それをもとにシナリオを完成させます。
学生にとっては初めて2時間もののシナリオを執筆することになります。


[記事詳細はこちら]
2015/07/11

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

映表理の卒博ツイッターはこちら↓
映像表現・理論コース 卒博2018

2017年12月9日〜15日
映画ビジネスによる映画祭「映画と天皇」

2017年12月開催
インターリンク:学生映像作品展(ISMIE2017

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

Page Top