日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください! 2〜3日ごとに新情報を追加しています。

3年映像専攻(科目名:映像表現・理論Ⅲ)と4年(同:卒業研究)の副論文(研究レポート)が提出されました。

この副論文は、創作作品に関連することをテーマに、調査・研究をしてまとめたものです。これを手掛かりに創作作品に反映させることを目的としているので、ちょっと早いと思う方もいるかもしれませんが、この時期になっています。

この副論文は、今月末に両学年ともプレゼンテーション、口頭試問となります。それまで多少時間があるので、教員の指導により手直しをしなければならないものもあります。

プレゼンテーション、口頭試問の様子は、またアップロードしたいと思っています。

 


[記事詳細はこちら]
2015/07/02

映像表現・理論コース、理論・批評専攻の卒業論文企画発表会が行われました。

この発表会では、それぞれ指導の先生の元で卒業論文のテーマを決定し、概要、レジュメを作成し発表します。
指導教員だけでなく、他の教員もその論文の企画について意見を述べます。
学生たちは、その意見を踏まえ、自分の企画をブラッシュアップして、それぞれ卒業論文を執筆します。

今年度は古典の監督たちを取り上げる学生が多いようです。

島津保次郎、豊田四郎、木下恵介、カール・ドライヤー、エリッヒ・フォン・シュトロハイム、フリッツ・ラングなど。
また、サイレントからトーキーに変わるあたりの劇場や楽士に関係する映画史的研究もありました。

時代が近くなって、イングマル・ベルイマン、大島渚、岡本喜八、ジャン・ルーシュ。
アニメでは細田守を研究対象にする論文企画もありました。

写真 2015-06-25 17 02 06 写真 2015-06-25 18 49 57 写真 2015-06-25 18 50 18


[記事詳細はこちら]
2015/06/26
イメージプロセッシング(画像データをデジタルに変換して、さまざまな処理を行うこと)の授業の様子です。
今週は、それぞれの学生が考えてきたシチュエーションに合わせて、合成用の素材撮影を行いました。

合成作業は、撮影後にAfter Effectsというソフトを使用しますが、撮影現場でも合成後のイメージが分かるようにビデオスイッチャを使って仮に合成して撮影位置を微調整しています。imageprocessing03 imageprocessing04 imageprocessing05


[記事詳細はこちら]
2015/06/20

昨日、映像表現・理論コースの各専攻の授業の進行状況をお知らせしましたが、助手くんから、映表理・映像専攻の作業の様子の写真が届いたので、載せておきます。

編集(アフレコロール作成)と効果アフレコの様子です。
作業は順調に進みました。

編集02 効果録音04 効果録音01


[記事詳細はこちら]
2015/06/16

映像表現・理論コースの2年生の課題1の撮影が終了し、先週末は、編集、アフレコ作業でした。

いちおう、これで編集の素材が揃ったので、今週は、映像専攻は夏休みの課題「ドキュメンタリー」の企画指導があり、課題1のポスプロ作業はちょっと小休止。

来週末からまた再開します。

シナリオ専攻は、脚色のシナリオが提出され、その指導を行っています。

理論・批評専攻は、前期は日本映画についての課題のため、その研究や発表を行っています。

写真 2015-06-12 14 40 18


[記事詳細はこちら]
2015/06/15

◆開催中、および開催間近の映表理関連のイベント等

 

お知らせ

映像表現・理論コースの教員有志によるtwitterアカウント
(映表理の情報をリアルタイムでツイートしています。たまに、学生・卒業とtwitterを通して話したりもします)

映像表現・理論コースのカリキュラム概要

ネット上で観ることのできる
映像表現・理論コースの課題作品(まとめno.1)

2016年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

2014年度、2015年度
映像表現・理論コースのインターンシップレポート(まとめ)

 

◆過去の映表理関連イベント等

映表理の卒博ツイッターはこちら↓
映像表現・理論コース 卒博2018

2017年12月9日〜15日
映画ビジネスによる映画祭「映画と天皇」

2017年12月開催
インターリンク:学生映像作品展(ISMIE2017

2017年3月
2017年「映表理の卒博」のホームページ

2016年12月10日〜12月16日
映表理「映画ビジネスⅣ」受講者による映画祭2016「宗教映画祭」(まとめ)

2016年4月4日〜4月28日開催
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』
『日藝の卒博 延長戦@天現寺』会場の様子

2016年3月30日〜4月4日開催
映表理の学生による企画展示『映画「基礎」史展』

2016年3月開催
『日藝の卒博』映表理関連行事(まとめ)

2015年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2015「マイノリティ映画祭」

2015年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2015)
ISMIE2015の様子

2014年12月開催
映表理「映画ビジネスⅣ」の受講者による映画祭2014「ワーカーズ」

2014年10月開催
インターリンク学生映像作品展(ISMIE2014)

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top