日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コース

コースTOP映像表現・理論コース監督コース撮影・録音コース演技コース

 平成24年度から、それまでの〈理論・評論コース〉〈映像コース〉〈脚本コース〉が一つになり〈映像表現・理論コース〉が生まれました。理論と研究を基盤としたカリキュラムを基礎とし、学生はそれらの科目群を習得し、専門分野での作品創作や研究をする【理論・批評専攻】【シナリオ専攻】【映像専攻】に進みます。専攻は2年から分かれますが、カリキュラムは横断的に組み合わされていて、実際には3年生からが、主な研究・創作となります。
 映像を取り巻く状況は常に変化しています。民生機(一般に市販されている機器)でもフルハイビジョンや4Kの画質の映像の撮影ができ、また誰もが使っているパソコンで編集や特殊効果ができます。〈映像表現・理論コース〉は、そのような映像機器が扱いやすくなった状況をフルに活用し、研究やアイデア、企画立案などのディスカッションやプレゼンテーションにカリキュラムの多くの時間を費やし、発想の力を養うことに重きをおいています。
 最終的に学生たちは、映画史の探求や映画・映像論などの〈論文〉、人間ドラマやエンターテインメント、アニメの〈シナリオ〉、ショートフィルム、ドキュメンタリー、アニメーション、メディアアートなどの〈創作物と研究副論文〉を完成させます。また、映画・映像ビジネスの講座を設け、実際に〈映像表現・理論コース〉の学生たちが映画祭を企画し開催し、映画・映像ビジネスに対応した能力、新たな映像ビジネスを開拓する能力を養います。
 このページでは、〈映像表現・理論コース〉の授業やイベントの紹介やその様子、またインターネットに載せた創作作品へのリンクなどが貼ってありますので、私たち〈映像表現・理論コース〉を、ちょっと覗いてみてください!

「日藝のオンライン・オープンキャンパス」関連企画として、WEBで見ることの出来る映像表現・理論コースの過去の実習作品をご紹介します。
今日から毎日、作者のコメントと合わせて日替わりで紹介していきます!

最初の1本目は、昨年度 卒業研究として制作されたアニメーションによるミュージック・ビデオ『処刑人と私』です。



[記事詳細はこちら]
2020/07/22

映像表現・理論コースの講座「映画ビジネスⅢ」では、インターンシップを行っています。
毎年、受講生15名前後がインターンシップを行っています。
映画学科特設サイトでは、インターンシップに行った学生の感想の一部を公開しています。
この記事では、2017年度、2018年度にインターンシップに参加した学生の記事をまとめてみました。


[記事詳細はこちら]
2020/07/20

先日お知らせいたしました、「日藝の卒博」は中止になりました。
新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、学生・教職員の安全確保、並びに感染拡大防止の観点から、芸術学部として判断されました。
その他、芸術学部の対応については以下のリンクをご参照ください。

芸術学部における新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応について(芸術学部HP)


[記事詳細はこちら]
2020/02/27

「日藝の卒博」が今年も3月15日(日)〜22日(日)の一週間、江古田校舎にて開催されます。
映像表現・理論コースの展示・上映は、3月18日(水)〜22日(日)の5日間行います。
詳細は追ってお伝えしますが、現時点で決まっている情報は以下の通りです。


[記事詳細はこちら]
2020/02/18

平成30年度卒業の柴山杏香さんのドキュメンタリー『日々を生きる 〜自閉症スペクトラムと共に〜』(卒業研究 映像制作)が、取材協力先の岐阜県瑞穂市のYouTube公式アカウントにて期間限定公開されました。


[記事詳細はこちら]
2019/09/06

映像表現・理論コースINDEX

年月別アーカイブ

Page Top