日本大学芸術学部映画学科

映像表現・理論コースの講座「映画ビジネスⅢ」では、インターンシップを行っています。
毎年、受講生15名前後がインターンシップを行っています。
映画学科特設サイトでは、インターンシップに行った学生の感想の一部を公開しています。
この記事では、2017年度、2018年度にインターンシップに参加した学生の記事をまとめてみました。


[記事詳細はこちら]
2020/07/20

2018年度インターンシップレポート第5弾です。今回、インターンシップで学生を受け入れていただいた企業は、(株)IMAGICA Lab.です。

理論・批評専攻の学生を受け入れていただきました。


[記事詳細はこちら]
2018/10/15

2018年度インターンシップレポート第4弾です。今回、インターンシップで学生を受け入れていただいた企業は、皆さんも映画を見に行ったことがあると思いますが、株式会社ティ・ジョイです。

理論・批評専攻の学生を受け入れていただきました。


[記事詳細はこちら]
2018/09/06

2018年度インターンシップレポート第3弾です。今回、インターンシップで学生を受け入れていただいた企業は、映画の製作・配給の株式会社パンドラです。

理論・批評コースの学生を受け入れていただきました。


[記事詳細はこちら]
2018/08/09

映像コース(現・映像表現理論コース)卒業の川島直人監督作品『高崎グラフィティ。』の上映と、川島監督、脚本の小山正太さん(脚本コース卒業、現映像表現・理論コース)、主演の佐藤玲さん(演劇学科卒業)の3氏を迎え、学生とのティーチインを行いました。


[記事詳細はこちら]
2018/08/02

授業関係INDEX

年月別アーカイブ

Page Top