日本大学芸術学部映画学科

平成26年度の映像コース・卒業計画(来年度からは映像表現・理論コース・卒業研究となります)の作品です。

今回は、長谷川 菜月『BLANK—空』


 


[記事詳細はこちら]
2015/03/03

映像表現・理論コースⅢで制作された課題作品です。
與田祐太朗くんのドキュメンタリー作品です。

與田祐太朗『日本食が繋ぐ未来』


[記事詳細はこちら]
2015/02/25

平成26年度の映像コース・卒業計画(来年度からは映像表現・理論コース・卒業研究となります)のドラマ作品です。

田中麻衣さんの『end.』です。

『end.』

 


[記事詳細はこちら]
2015/02/23

前回更新した、1年生と同様、3年生の〈映像表現・理論Ⅲ〉の授業もほぼ終わりました。
(創作した成果物の審査を終わりました。順次、動画もアップロードします)
今は、この2月、3月に企画を固めておかなければならないので、来年の卒業作品に向けてのガイダンスを行っています。

映像表現・理論コースはそれぞれの専攻に応じて、卒業論文、卒業制作(シナリオ)、卒業研究を履修します。
今回、その内容のアンケートをとってのですが、4月からの来年度は、簡単にどうような傾向か分けてみると次のような感じになっています。

卒業論文(20数本です)
映画史関係の論文      20パーセント
監督などの作家論      50パーセント


[記事詳細はこちら]
2015/01/23

映像表現・理論コースでは、1年次の〈映像表現・理論Ⅰ〉には全員が同じ課題をやりますが、2年生、3年生の〈映像表現・理論Ⅱ〉〈映像表現・理論Ⅲ〉では、全員の講義等+専攻別の課題・指導、という授業形態になります。
(この授業以外の映像表現・理論コースのすべての授業は、選択制で自分の専攻以外でも履修できます)

今年度の1年次の〈映像表現・理論Ⅰ〉の授業も、あと残すところ1回となり、その専攻選択の時期になりました。
現在、そのガイダンスを行っているのですが、今年度は、約60名の学生が、ほぼ第1希望通り、

理論・批評専攻 約15名
シナリオ専攻  約20名
映像専攻    約25名


[記事詳細はこちら]
2015/01/21

授業関係INDEX

年月別アーカイブ

Page Top